ハワイアンジュエリーの歴史と魅力

ハワイアンジュエリーの歴史は19世紀から始まります。

当時の英国王室と親交のあった、ハワイ王朝のリリウオカラニ女王は、ビクトリア女王が亡き夫である故アルバート王子に捧げられたビクトリアジュエリーに深い感銘を受け、ブレスレットを作られ生前亡くなるまで身に着けていたことに由来します。

ハワイアンジュエリーのモチーフになっている模様には深い意味があり、まず、波をデザインにした(スクロール)には、波には幸福を運んでくるという言い伝えがあり、伝統的なモチーフとされています。

マイレ(maile)モチーフは、植物の葉を形づくられています。昔から神殿に納められていた冠か原型で、邪悪なものから身を守るという意味があります。

花のモチーフであるプルメリアには、女神が宿るという伝説があり、女性の女神としてあがめられています。

海亀の形をしたモチーフであるホヌは、ハワイでは神聖な生き物である亀は、家族の幸せを意味しており、良く使われるモチーフでもあります。

ハワイアンジュエリーは、結婚指輪としてもよく使われ、オーダーで自分好みの物を作ることもできます。
ハワイアンジュエリーMaxi(マキシ)公式オンラインショップ